音楽

2018年7月 5日 (木)

それでも、明日晴れますように。

雲流れ、好き勝手に雨粒が

風と戯れてる午後。
こんなお天気ですが、
晴れ女は明日の晴れを信じているのです。
今日、明日は、JR大塚駅南口「大塚トランパル」の
夕涼み 七夕 ステージ2days。
Double Voiceが昭和歌謡を歌わせて頂くのは、
明日6日金曜日です。18時30分より45分のステージ。

今回は、ハーモニカの倉井夏樹氏が
わたしたちの音に彩りをつけてくださいます。

先日のリハーサルでは、
なっちゃんの音が絡むたびに、
空に連れ出してくました。

明日も、きっと。

お待ちしていますね。


そして、話は前後しますが、
ありがとうございました。
ウタトドラマ無事終わりました。
想像をはるかに超える感情が
溢れてきました。

ほんとうに、
やってよかったです。

あらためて、また想いをしたためます。
36518476_1732014816846563_756832786

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

ウタトドラマーはじまりはアンソロジーと向日葵と

梅雨の晴れ間はご褒美。
いろんなことがめまぐるしい日々。

生きてるって実感。
やっぱ、この一言、
ありがとうございます。です。

しあわせの居場所。
やっぱり、 音に囲まれて、
言葉をうたって、ここだなあと
感じてます。
一緒に、いてくれて、
あいにきてくれて、
ここでも、
やっぱ、この一言、
ありがとうございます。です。

さて、この日曜日におとずれる
はじめての試み
「ウタトドラマ」のことを綴ります。


「いまさらやけど、なんで、ラジオでDJやったり、女優やろうとしたん?」
「はじまりは、さだまさしさんのアンソロジーっていうアルバム。
アルバムの曲を流しながらのラジオドラマに感動してん。
なんども聞いてん、テープで 」
そう、
わたしも、 さだまさしさんーアンソロジー、好きやし、
主人公、つゆのあとさき、
今も、そのウタをくちずさむ時、
あの古い校舎や風の匂いがこみあげるし。

同じ高校に通った、福井玲子。
同じ時期に、一緒にいたのに、
この話をしたのは、たったのついこの前。
それも、ふたりとも、軟式テニス部。
まさか、こっちの方面で
今もつながるとは。。。

そこから、ウタトドラマがはじまった。

PM/飛ぶ教室で玲子と共に看板はってる
山藤貴子。たかちゃんとも、もう本当に長い。
一方的に客席から見たり、同級生ならではの、
女子トークwはあれど、一緒にステージに立つのは
はじめて。

ウタとドラマ。
そう、脚本。
はじまりの大きなきっかけと原案をくれたのは、
近藤恵太。
昔から、発想がユニーク。
ここなくしては、今回のテーマへたどり着かなかった。

そして、片岡百萬両氏の脚本。
ヤラレました。
はじめて読んだ時、
れーことたかこの声になって感情が吹きかかった時、
そのながれで、ウタを溶かした時、
ただただ、ヤラレます。
ヤラレ つづけてます。

玲子がすぐに仕上げてくれた脚本は、
「向日葵」でした。

この曲の誕生は、
わたしのデビュー20周年のアニバーサリーに
たかはしごう氏が書き下ろしてくれました。

歌えば歌うほど、わたしの中だけでなく、
このウタがそれぞれみなさんの中で、
いろんな風景が描かれているようで、
本当に感動しています。

玲子もその中の一人だったんだと思います。
彼女が描きたい「向日葵」の風景。


ウタチーム。
彼女なくしては、成り立ちません。
と昨日のリハでつくづく。
シンガーソングライター
千宝美。
今回は、ほぼ、ピアニストとして。
彼女がそこにいるだけで、
つくりだされるひだまり感。
やわらかく。

本番まで、あと少し、
でもまだまだ、まだある。
このはじめての緊張感、
きらいじゃなく、
むしろ、ときめきしかない。

キオクのなかにある
せつなく、なつかしく よ、
こんにちは。

ウタトドラマのはじめてを、
是非、一緒につくってください。
7/1、高円寺JIROKICHIで
お待ちしています!!!

ウタトドラマPRPVはこちら
↓↓↓
35432968_1706002219447823_129574838
Utatodrama2018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

今、歌いたい歌歌いました。

昨日は久しぶり10ヶ月ぶりの新宿マローネでのライブでした。

ここ20年間お世話になっているのに、
こんなにご無沙汰したのも、
はじめてです。


昨日は、話したいことがたくさんでした。
今思っていること、
だから、今歌いたい歌。
うまくまとまるかな。
時間内に収められるかな。

ニューヨークでのライブのお話、
飛行機でみた映画のお話、
PENNYや保志総一朗さんへ
書かせていただいた作詞の話、
7/1に始動するウタトドラマの話、
そして、じわじわと今も、
心がざわざわしています。
西城秀樹さんのお話、、、、、

今ある想いをこめました。
気持ちがつながっている歌を
歌いきれました。

赤石くんの安定のプレイと
一緒に歌えて嬉しかったです。

ありがとう。

そこにいる人たちで
作り上げる空間。
やさしさであふれていて、
笑顔あり、涙あり。
幸せでした。
一緒にいてくれた
みなさま、本当にありがとうございます。

また、これからも
よろしくお願いします。


20180518 list  (敬称略)
1st
Slowboat to the moon/Morgans bar
Brand new star/近藤ナツコ
緑の町に舞い降りて/松任谷由実
サヨナラcolor/Super butter dog
ラストシーン/西城秀樹
Search Light/近藤ナツコ
2nd
うたうMYLIFE/PENNY
Smile/Michael Jackson
Miracles/Jackson Sisters
REBORN/セリ(門脇麦)
向日葵/近藤ナツコ
その月の里に/近藤ナツコ
enc
Special Friend/近藤ナツコ
Img_5706
↑↑↑
熱唱中!!
Img_5705
↑↑↑
いただいたソープフラワー❤️
ブルーがキレイで、思わず
ジューンブライドと言ったら、シーン。
突っ込みにくいことは
言わないようにと、赤石くんww

スイーツの差し入れもありがとうございました。
写真を撮るのを忘れてしまった、、

Img_5704
↑↑↑
貴重なショットをありがとうございます。
お忙しい中、お越しいただいた、キムラ緑子さま。
本当にすてきで、笑顔と優しさと
可愛らしさにメロメロです。
そして、そして、マローネマスター、
幸せな時間をありがとうございました。

そして、次に気持ちを向けております。
6/3 近藤ナツコsession Vol.6
今、どんどん膨らんでいる
妄想をカタチに。。
楽しみにしていてくださいね。
ご予約は、お店でも、
直接メッセージいただいても
承ります。
お待ちしています。
20180603color1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

わたしたちのロングバケーション

オリンピックに勇気をもらい、

泣いて泣いてです。
あー、ほんと、スポーツって
美しい。元気をありがとう。

日々、あっという間。
幸せなこと。
じぶんなりの一生懸命やってます。

一番、最近のライブは、
「AcoFunk」
FUNKの会のボーカル4人が
それぞれ楽器を担当。
そしてうたう。。。
わたしはキーボード。
できること、ひとつずつひとつずつです。
足のペダルのタイミングもよくわからない
そんなレベルです。。。。
前回は、赤石香喜氏がサポートでヘルプしてくれた!
今回は、もうわたしだけ。。心細い中、
客席にいらっしゃった、先輩!!
稲垣雅紀氏にヘルプしていただきました。感謝です。
このライブの緊張感、すごいですが、
最後は、客席のみなさんと一緒に大合唱。
幸せでした。みなさまの応援あっての
AcoFunk、これからもどうぞどうぞ応援宜しくお願いします。
次回は、6/10JIROKICHI!!がんばります!!

28161692_1758711114179602_178041656
そして、 熱の花unitの大阪・岡山ツアー
本当にありがとうございました。

いやー、13年ぶりの大阪、
はじめての岡山。
バンドで歌えたこと、
喜びです。


あったかい。
笑顔いっぱい。
ほんと、かけがえない時間が
みなさんのおかげで
心に溶けていきました。


岡山MO:GLA、O.Aの
OKAYAMA通天閣のシンプルな言葉が
心に響きました。盛り上げていただき、ありがとうございました。
今回のツアーメンバーには、


バンマスのギター石井完治氏。
進化しつづけています。
すごいなあと。
カッティングのキレに、
やはり脱帽。
いえぇ〜い!

ベースのBJ笹井克彦氏。
ボトムジャックという名前どおり。
しっかりうけとめてくれて、
安定の安心の泳がせ方させてくれます。
ひゅぅ〜!!

ドラムの衣笠智英氏。
全曲オリジナル、当日リハだけで、
ニュアンスも歌に寄り添い、タイトに、
決めてくれました。
ぐぅ〜っ!!

大阪2daysは
ピアノの辻本真氏。
可能性しか感じられないすばらしいプレイ。
イマジネーション。
きゅ〜ん!!

Img_4573_2
みなさんの真ん中で、
KENGOとうたう。

じぶんたちではよくわからないのだけど。。。
一番、言ってもらったのが、
「二人の声すごく合ってる」
でした。

このツアーで、確信したことは、
一生懸命生み出した楽曲から
今になって、教えられることがたくさんあること。
裏切らないというか。。
その想いが今になって、
また認識できたことが、
本当に嬉しい。

そして、11年のおやすみタイム。
今となれば、
わたしたちの ロングバケーションにも
意味があったんだなあと。

そう思える今が
本当に 嬉しい。

さて、今週末は東京・高円寺JIROKICHIです。
こちらも、昨年と同じメンバーで、
お待ちしています!!
一緒に、熱く熱くよろしくです!!
2018unit_flyer_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

ツアーがはじまります!

春に立つ。

この寒さにも、鳥の元気なさえずり愛は
見通しのいい木々を揺らしながら奏でている。
たしかにもうすぐ春なんです。
わたしの心の棚には、
彩りの違うファイルが何冊か。
中身もちろん、それぞれ違う色。
トータル、ファイナル、
好きとなれますように。
がんばる!!

そんな感じです。今の気持ち。

1月のライブもゆったり目にスタート。
今回も、みなさまに、
本当に、 一緒に過ごしていただき、
ありがとうございます。
Double Voice,サムズアップの昭和歌謡も、
シリーズ化となり、嬉しい限りです。
次回は、4/26です。
是非、木曜日の夜をご一緒に。

ヨコハマに行くことが多くなったのも、
喜びの一つです。


関西で長く育ったわたしには、
とてもヨコハマは、あこがれ強いです。
ライブだけではなく、プライベートでも、
そちらの海方面に行くことが、増えました。
やっぱり、ひろーい海とひろーい空を見ると
すーっと、戻れる等身大の小さな小さなわたしに。
「こういうものやんなあ」の
「こういうもの」に囚われている
でっかくなった頭が、
シューっと、しぼんで、、またまた自然な等身大に。



あ、でもこの前のスーパーブルーブラットムーン、
(梅干しに見えて仕方なかったけど)
海の見えない、部屋のベランダからだったけど、
同じこと、感じたw


次は、昨年、毎月行われた
タネイチゲンショー「注文の多い音楽会」
の新年会ライブでした。
わたしは、11回目にお招き頂きました。
みなさまとの、新年会、贅沢すぎました。
こちらも、お越しいただいたみなさまをはじめ、
ありがとうございました。

種市弦氏^^

スマップや杏里さんにも、
楽曲を提供されているけど、
職業作家さんではなく、
弦ワールドの枠のない
世界観がとても魅力なのです。
天然。自由。宇宙。なんか、
そんなこと、感じます、弦ちゃんには。

「ナツコさんに一番楽曲を提供しています!」
ありがとう。
カタチあるもの、
ライブだけでなく、
もっと聞いてもらえるように
考えないとだなあ。


ここで、
初体験したこと。
このライブのタイトル
「注文の多い音楽会」のモチーフになった
宮沢賢治氏作「注文の多い料理店」を
朗読しました。読み聞かせというのかな。。。

難しかったけど、楽しかったなあ。
ただ、何箇所か、やはり、大阪弁イントネーション。
くすくす。。。そんな感じでした。


昔ナレーションで、「大阪弁でよろしく!!」
と言われて、話したら、
「なんか変」と言われた。
自然なことって、
注文つけられた時点で
不自然になるんだなあ。


そして、もう、2月。
そうです。

そうです。。



そうなんです。。。


熱の花unit 2018年も始動!
いよいよ今週より、関西・岡山ツアーです!!



関西は、2005年8月以来なので、ほぼ、13年ぶり。。。
岡山は、その時に行けなかったので、
本当にはじめてです。



wow!!
どんなワクワクが待ってるんだろう。



一緒に、是非。
お待ちしています!



熱の花unit 2018 tour


2018unit_flyer_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

ラジオからは懐かしいラブソング

杉原徹-TE'TSU- さんがパーソナリティを務める
ラジオ番組・歌謡喫茶『昭和』にゲスト出演させて頂きました。


てつさんと二人きりのブースは、懐かしく、あったかく、
楽しかった〜。大好きなあの頃の曲。じーんとこみ上げてくる想い出のしずくたち。
収録の日は、雨。東京タワーのオレンジがとっても美しかった。

歌謡喫茶『昭和』 MC 杉原徹-TE'TSU-
・北海道放送 土曜 19:00~19:30
・新潟放送  土曜 18:15~18:30
・栃木放送  日曜 21:00~21:30
・山梨放送  月~金 21:40~21:50
・山口放送  日曜 16:05~16:20
・大分放送  月曜 20:00~20:30

上記放送エリア以外でも、インターネットradikoでも聴くことができます。
Image2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

NYを近く感じた夜

「今年ももう40日をきりました。」

そんなアナウンスをきいて、
まだそんなにあるんだ。と
少し安心。
言葉の置き換えで気持ちも
楽になって、ほっとして。
でも、やなねば的なこと、思えば、
また、ココロも背筋もピーンとする
そんな冬の朝です。

ブログで触れていなかったライブのお話を。
JAPANESE TAPESTRY vol.2


2014年から年に一度、
NYへ行っています。
10代のころから、わたしを知ってくださっている
先輩に会いに行ったことがきっかけです。
目にも、耳にも、刺激はたくさん。
感謝の一言に尽きないです。

そして、渡米した音楽仲間との再会。
それが、中島カオリ氏。
翌年からは、一緒にNYでライブも。

彼女が、日本に一時帰国することを知ったのが
9月。NYでセッションしたGabrielも一緒。
そこから、ブッキングして、メンバーを探して、
リハも当日のみ。

その上、わたしのMac、、、
音楽関連まとめるHDDが
認識せず。。。。

やってくるのです、
こうやって、何かの暗示。
「しっかりちゃんと
落ち着いてね、キミ!」

当日までスリリングが続きました。

ドキドキマックスの理由は、
わたしはそれぞれのメンバーと
音を交わしたことはあるけど、
みんなは、「はじめまして」がほぼ。
どうなるんだろう。
わたしの閃き、混じりありますように!!!
amazing!!
リハで音を出せば、
すっと溶ける。
そして本番は、花火のよう
気持ちよく
音が交わりはじけた!!

メンバーに感謝しかない。
ぎりぎりの譜面お届けも、
限られた音資料で、
イメージしてくれて、
ありがとう!!

一夜かぎりの打ち上げ花火みたい。
また、このメンバーでのセッション、
叶いますように。

ルースターのみなさん、
無理をたくさん叶えてくれて
ありがとうございます。

そして、そして、
熱く踊って、歌って、
揺れてくれたみなさま、
ありがとう。

カオリちゃん、Gabrielには、
3月に会いに行きます!
Img_3967

《JAPANESE TAPESTRY of the night vol.2》
@東京・荻窪 ルースター

members
中島カオリ(Saxophone)
ゲイブリールカプラン(Guitar) 
高田真(Drums) 
BJ笹井克彦(Bass) 
辻本真(Keyboard)

LIST
1ST
1 STREET LIFE
2 I WISH
3 I can’t stand the rain
4 Search light
5 向日葵
6 WHAT’S GOING ON
 
2ND
1 I GOT YOU
2 NEVER TOO MUCH
3 OOH BABY BABY
4 卒業写真
5 Somebody else's guy
6 MIRACLES
7 その月の里に
 
ENC
LOVE THE ONE YOU’RE WITH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

夏の途中

東の窓、屋根の上に、

まーるい形が目に飛び込んできた、
この感じ。久しぶりの朝日。
蝉の声がまだしないけど、
きっと今からだといいなあ。

なんか、今年の夏は、どうしたんだろう?
いつもの凜とした青空と夏雲がなかなか
見れないまま、もう8月も終わりに近づいてるなんて。。

まだはじまった感がない分、
夏の終わりへの哀愁がまだ全くない。
これも、初の心持ちだわ。
それも、ちょっとクスクス、おもしろい。

そうはいっても、夏しています。
関西にも強行に帰って、
大好きな京都をぶらりん。
Img_2876
戻ってすぐに、海へ。
流星にも会えたし、
月明かりの道も眺めれた。
Fullsizerender
たくさん、自然力もらえた、ありがとう。

そして、歌っています。

会いにきてくれて、本当にありがとうございます。
きもちよく、思いっきり歌えてます。
8/19荻窪ルースターでのDouble Voice。
ジェットーストリームからはじまり、
みなさんを夜間飛行にお連れしているはずなのに、
なぜか、昭和への歌旅行は、バスツアーそのものです。

今回は二胡奏者の山平憲嗣さんと
一緒にゴンドラの唄を。
風を感じました。
ふっとすっと、
連れて行かれました。
はじめて知る感覚でした。
気持ちよかったなあ。
そして、次回は冬に決まりました。
それも、クリスマスイヴ!!
選曲たのしそうw
12/24お待ちしています
Img_4428_2
翌日の20日は、楽器カフェでの午後ライブ。
石井完治さんとのDUO
晴天!!!ではなかったけど、
雨が降らなくて、
たまに陽射しがもれて、
神保町のノスタルジックな風景も
ある意味、新鮮でした。
完ちゃんとのDUOは、前ほど、頻繁にライブがないのに、
すっと、絡み合えて、いつも新鮮で、
音で会話ができます。
幸せな気分になります。
午後ライブが終われば、
美味しいビール、最高のひとときです。
Img_3067_1  

次回は、9/21京都、22岡山、23高槻、24名古屋ツアーです。
わくわく楽しみすぎます。
是非会いにきてくださいね。
21日は、熱の花のKENGOが歌いに来てくれるので、
久々のプチ熱の花も披露できます♪

東京では、9/29金曜日、
石井完治、種市弦、近藤ナツコ3人でライブします。
「歌う種・夏に完(おわり)を告げる頃」
音楽室DXにてお待ちしています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

F.A.N vol.12

1年ぶりのF.A.N。

お越しいただいたみなさまへ
ブルースアレイのスタッフのみなさまへ
そして、そして、
惜しみなく音楽の力を存分に出してくれた
メンバー一人一人へ。

心を込めて、
「ありがとうございます。」

20706062_10213520670712486_20762781

1年の間、
それぞれが、それぞれの場所で、
作り、戦い、混じって、力をつけている。
本当にそれをヒシヒシと感じる
ライブでした。

1st はそれぞれのオリジナルを中心に、
絡んだり、ソロったり。

2ndは、近年、天に召された、
素晴らしい音楽人たちをテーマとして、
それぞれが曲を選びました。
影響を受けて、生き続けている曲、
それを繋いでいくことは、とっても大切なことだなあ。
そうつくづく思いました。

AT,フビト、わたしのそれぞれの心にある人、曲。

オーティスクレイ、プリンス、マイケル、ジャクソン。

わたしは、今回、吉川みきちゃんの曲を選びました。
Singingbird。途中、コーラスにもう一つの声が、
たしかにありました。不思議だけど、不思議でもなく。
みきちゃんも、ステージにいたんだ。

そして、やっぱりこの方の声に
魅了されました。
ジョー・コッカー。
Fun Time!!
let yourself be happy
it' s fun time!!

今回は、新曲入れて、
F.A.Nのオリジナル2曲。

そうです、CD作ります!!
当初より、遅れてしまいましたが、
お伝えできてよかったです!!

次のライブではお届けできますので、
楽しみにしていてくださいね。

大阪にも、行きます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

兄弟姉妹たちの宴

おはようございます!
やっと気持ちのいい朝日に出会えて、うれしいなあ。

先だ先だと思っていた
Brothers&Sistersの宴が終わりました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。夏のイベントは盛りだくさん、一緒に過ごしていただけで嬉しい限りです。

Image1

エスさんの歌声の渋いこと。
洋楽がかっこいいのは知っているのですが、郷愁あふれる「赤とんぼ」となんといっても「人生の扉」。お越しいただいた方から、「この曲はgospelですね。」と。本当に、心に突き刺さり、揺さぶられました。
そして、長年の願い事「Let it be me」やっと合体できてうれしかったです。

ももさんのギターの音色。どんな秘密があるんだろう。なつかしいあの場所へ、たくさん連れていってもらえます。そして、歌。のびやかな、優しい声が透き通ってました。生活の柄、響きました。「銀座の恋の物語」低音も、渋い。

そして、還暦、おめでとうございます。遅ればせながら、お祝いできてよかったです。

Image2_2

そして、そして、千宝美。
1番末っ子は、大変です。
長男次男に長女は自由奔放ですからw
スーと心に溶け込む声と、完璧なリズムキープで、しっかり支えてくれてありがとう!何を歌っても、千宝美ワールド。人を柔らかな気持ちにさせる天才です。ももさんとの銀恋、新しいわ。あの路線ありやね。

そして、わたしに書き下ろしてくれた、「You are so beautiful」
身体の中から、押し出される声と、ピアノの息遣いとの絡みに、心震えました。千宝美とのDUOは、9月9日自由ヶ丘ハイフンです。

待ちわびてた、夏休みの親戚との宴が、終わってしまって、寂しいけど、また、次回を楽しみに^_^

そして、まだまだ夏の音楽の旅ははじまったばかりです。

8/2水曜日は今の地元ですが、
歌わせていただくのははじめて。
三鷹バイユーゲイト。
この名前を聞くだけで、心の中の
アメリカ南部好きな部分が
ぐにょぐにょ、うはうは動きますw

吉祥寺の音楽と飲みのお友達、持田浩嗣くん。
はじめて出会ったのは、New Orleansのヒロナリ。
石垣島で少しだけお話しさせてもらった寺岡さん。

Bad Loserz -1のゲストで歌わせてもらいます。
知ってたけど、初挑戦のsoul numberを、
お届けします。わくわく。


2017年08月02日(水) 《Bad Loserz -1》
@東京 三鷹バイユーゲイト 
武蔵野市中町1-17-2 アビエス1F
http://bayougate.voxx.jp
開場:19:00  開演:20:00
出演:
持田浩嗣(Vocal/Acoustic guitar)
イシカワヒロナリ(Guitar/Chorus)
寺岡信芳(Bass/Chorus)  
Guest 近藤ナツコ(Vocal)
料金:2,000円(ドリンク別)
ご予約・問い合わせ:0422-55-5782

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 音楽