音楽

2017年11月22日 (水)

NYを近く感じた夜

「今年ももう40日をきりました。」

そんなアナウンスをきいて、
まだそんなにあるんだ。と
少し安心。
言葉の置き換えで気持ちも
楽になって、ほっとして。
でも、やなねば的なこと、思えば、
また、ココロも背筋もピーンとする
そんな冬の朝です。

ブログで触れていなかったライブのお話を。
JAPANESE TAPESTRY vol.2


2014年から年に一度、
NYへ行っています。
10代のころから、わたしを知ってくださっている
先輩に会いに行ったことがきっかけです。
目にも、耳にも、刺激はたくさん。
感謝の一言に尽きないです。

そして、渡米した音楽仲間との再会。
それが、中島カオリ氏。
翌年からは、一緒にNYでライブも。

彼女が、日本に一時帰国することを知ったのが
9月。NYでセッションしたGabrielも一緒。
そこから、ブッキングして、メンバーを探して、
リハも当日のみ。

その上、わたしのMac、、、
音楽関連まとめるHDDが
認識せず。。。。

やってくるのです、
こうやって、何かの暗示。
「しっかりちゃんと
落ち着いてね、キミ!」

当日までスリリングが続きました。

ドキドキマックスの理由は、
わたしはそれぞれのメンバーと
音を交わしたことはあるけど、
みんなは、「はじめまして」がほぼ。
どうなるんだろう。
わたしの閃き、混じりありますように!!!
amazing!!
リハで音を出せば、
すっと溶ける。
そして本番は、花火のよう
気持ちよく
音が交わりはじけた!!

メンバーに感謝しかない。
ぎりぎりの譜面お届けも、
限られた音資料で、
イメージしてくれて、
ありがとう!!

一夜かぎりの打ち上げ花火みたい。
また、このメンバーでのセッション、
叶いますように。

ルースターのみなさん、
無理をたくさん叶えてくれて
ありがとうございます。

そして、そして、
熱く踊って、歌って、
揺れてくれたみなさま、
ありがとう。

カオリちゃん、Gabrielには、
3月に会いに行きます!
Img_3967

《JAPANESE TAPESTRY of the night vol.2》
@東京・荻窪 ルースター

members
中島カオリ(Saxophone)
ゲイブリールカプラン(Guitar) 
高田真(Drums) 
BJ笹井克彦(Bass) 
辻本真(Keyboard)

LIST
1ST
1 STREET LIFE
2 I WISH
3 I can’t stand the rain
4 Search light
5 向日葵
6 WHAT’S GOING ON
 
2ND
1 I GOT YOU
2 NEVER TOO MUCH
3 OOH BABY BABY
4 卒業写真
5 Somebody else's guy
6 MIRACLES
7 その月の里に
 
ENC
LOVE THE ONE YOU’RE WITH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

夏の途中

東の窓、屋根の上に、

まーるい形が目に飛び込んできた、
この感じ。久しぶりの朝日。
蝉の声がまだしないけど、
きっと今からだといいなあ。

なんか、今年の夏は、どうしたんだろう?
いつもの凜とした青空と夏雲がなかなか
見れないまま、もう8月も終わりに近づいてるなんて。。

まだはじまった感がない分、
夏の終わりへの哀愁がまだ全くない。
これも、初の心持ちだわ。
それも、ちょっとクスクス、おもしろい。

そうはいっても、夏しています。
関西にも強行に帰って、
大好きな京都をぶらりん。
Img_2876
戻ってすぐに、海へ。
流星にも会えたし、
月明かりの道も眺めれた。
Fullsizerender
たくさん、自然力もらえた、ありがとう。

そして、歌っています。

会いにきてくれて、本当にありがとうございます。
きもちよく、思いっきり歌えてます。
8/19荻窪ルースターでのDouble Voice。
ジェットーストリームからはじまり、
みなさんを夜間飛行にお連れしているはずなのに、
なぜか、昭和への歌旅行は、バスツアーそのものです。

今回は二胡奏者の山平憲嗣さんと
一緒にゴンドラの唄を。
風を感じました。
ふっとすっと、
連れて行かれました。
はじめて知る感覚でした。
気持ちよかったなあ。
そして、次回は冬に決まりました。
それも、クリスマスイヴ!!
選曲たのしそうw
12/24お待ちしています
Img_4428_2
翌日の20日は、楽器カフェでの午後ライブ。
石井完治さんとのDUO
晴天!!!ではなかったけど、
雨が降らなくて、
たまに陽射しがもれて、
神保町のノスタルジックな風景も
ある意味、新鮮でした。
完ちゃんとのDUOは、前ほど、頻繁にライブがないのに、
すっと、絡み合えて、いつも新鮮で、
音で会話ができます。
幸せな気分になります。
午後ライブが終われば、
美味しいビール、最高のひとときです。
Img_3067_1  

次回は、9/21京都、22岡山、23高槻、24名古屋ツアーです。
わくわく楽しみすぎます。
是非会いにきてくださいね。
21日は、熱の花のKENGOが歌いに来てくれるので、
久々のプチ熱の花も披露できます♪

東京では、9/29金曜日、
石井完治、種市弦、近藤ナツコ3人でライブします。
「歌う種・夏に完(おわり)を告げる頃」
音楽室DXにてお待ちしています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

F.A.N vol.12

1年ぶりのF.A.N。

お越しいただいたみなさまへ
ブルースアレイのスタッフのみなさまへ
そして、そして、
惜しみなく音楽の力を存分に出してくれた
メンバー一人一人へ。

心を込めて、
「ありがとうございます。」

20706062_10213520670712486_20762781

1年の間、
それぞれが、それぞれの場所で、
作り、戦い、混じって、力をつけている。
本当にそれをヒシヒシと感じる
ライブでした。

1st はそれぞれのオリジナルを中心に、
絡んだり、ソロったり。

2ndは、近年、天に召された、
素晴らしい音楽人たちをテーマとして、
それぞれが曲を選びました。
影響を受けて、生き続けている曲、
それを繋いでいくことは、とっても大切なことだなあ。
そうつくづく思いました。

AT,フビト、わたしのそれぞれの心にある人、曲。

オーティスクレイ、プリンス、マイケル、ジャクソン。

わたしは、今回、吉川みきちゃんの曲を選びました。
Singingbird。途中、コーラスにもう一つの声が、
たしかにありました。不思議だけど、不思議でもなく。
みきちゃんも、ステージにいたんだ。

そして、やっぱりこの方の声に
魅了されました。
ジョー・コッカー。
Fun Time!!
let yourself be happy
it' s fun time!!

今回は、新曲入れて、
F.A.Nのオリジナル2曲。

そうです、CD作ります!!
当初より、遅れてしまいましたが、
お伝えできてよかったです!!

次のライブではお届けできますので、
楽しみにしていてくださいね。

大阪にも、行きます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

兄弟姉妹たちの宴

おはようございます!
やっと気持ちのいい朝日に出会えて、うれしいなあ。

先だ先だと思っていた
Brothers&Sistersの宴が終わりました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。夏のイベントは盛りだくさん、一緒に過ごしていただけで嬉しい限りです。

Image1

エスさんの歌声の渋いこと。
洋楽がかっこいいのは知っているのですが、郷愁あふれる「赤とんぼ」となんといっても「人生の扉」。お越しいただいた方から、「この曲はgospelですね。」と。本当に、心に突き刺さり、揺さぶられました。
そして、長年の願い事「Let it be me」やっと合体できてうれしかったです。

ももさんのギターの音色。どんな秘密があるんだろう。なつかしいあの場所へ、たくさん連れていってもらえます。そして、歌。のびやかな、優しい声が透き通ってました。生活の柄、響きました。「銀座の恋の物語」低音も、渋い。

そして、還暦、おめでとうございます。遅ればせながら、お祝いできてよかったです。

Image2_2

そして、そして、千宝美。
1番末っ子は、大変です。
長男次男に長女は自由奔放ですからw
スーと心に溶け込む声と、完璧なリズムキープで、しっかり支えてくれてありがとう!何を歌っても、千宝美ワールド。人を柔らかな気持ちにさせる天才です。ももさんとの銀恋、新しいわ。あの路線ありやね。

そして、わたしに書き下ろしてくれた、「You are so beautiful」
身体の中から、押し出される声と、ピアノの息遣いとの絡みに、心震えました。千宝美とのDUOは、9月9日自由ヶ丘ハイフンです。

待ちわびてた、夏休みの親戚との宴が、終わってしまって、寂しいけど、また、次回を楽しみに^_^

そして、まだまだ夏の音楽の旅ははじまったばかりです。

8/2水曜日は今の地元ですが、
歌わせていただくのははじめて。
三鷹バイユーゲイト。
この名前を聞くだけで、心の中の
アメリカ南部好きな部分が
ぐにょぐにょ、うはうは動きますw

吉祥寺の音楽と飲みのお友達、持田浩嗣くん。
はじめて出会ったのは、New Orleansのヒロナリ。
石垣島で少しだけお話しさせてもらった寺岡さん。

Bad Loserz -1のゲストで歌わせてもらいます。
知ってたけど、初挑戦のsoul numberを、
お届けします。わくわく。


2017年08月02日(水) 《Bad Loserz -1》
@東京 三鷹バイユーゲイト 
武蔵野市中町1-17-2 アビエス1F
http://bayougate.voxx.jp
開場:19:00  開演:20:00
出演:
持田浩嗣(Vocal/Acoustic guitar)
イシカワヒロナリ(Guitar/Chorus)
寺岡信芳(Bass/Chorus)  
Guest 近藤ナツコ(Vocal)
料金:2,000円(ドリンク別)
ご予約・問い合わせ:0422-55-5782

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

『向日葵』配信スタート

向日葵の咲く、大好きな夏に・・・・・・

大切な『向日葵』の
配信がはじまりました。
わたしのデビュー20年を記念して開催されたライブ
「20Years」に、たかはしごうさんが書き下ろしてくれた
『向日葵』

今では、私が歌うライブ会場でしか、販売していなかったので、
もっとたくさんの方々に聞いてもらえるようになると思うと、
嬉しいです!!

大切な誰か想う。
まっすぐに、ひたむきに・・・
あなたの夏の1ページに、この曲を
どうぞエントリーしてください。

そして、あいにくの空模様の東京ですが、
本日高田馬場音楽室DXで歌います。
「Brothers & Sisters」
わたしが学生時代にとりこになったバンドの一つ
「ザ・キャバレー」のボーカル エス(惠須川ヒロシ)さん。
しぶい声は、健在で、ますますブルースです。
「ももかん」でおなじみの丸山ももたろうさんは、
松山千春さんのステージには欠かせない
すばらしい音色のアコギを弾かれます。
心うたれます、いつも。
そして、後期の「ザ・まめなっつ」のコーラスが初舞台、
その後、シンガーソングライターとしてデビューした
千宝美。そして、わたし。
4人は初顔合わせ。洋楽邦楽、すばらしい選曲になっています。
是非、この「はじめて」を一緒にすごしてください。
お待ちしています。
20170730_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

いってきます。おまちしています。

梅雨と発表されたのに、

晴れ間が多くて
うれしい時間、増えてます。
朝早くのナツ散歩では
奇跡的な瞬間、カイツブリの出産。
胸が熱く熱く。
みなもにうつる緑からは
すがすがさを。

Fullsizerender_2
先週、今週は、
70年代、80年代のsoul&funkの
ライブが続き、
フェイスキャンバスに
しっかり色と線をかいてのステージ。

一人一人すばらしいパフォーマーである
音楽人との混じり合いは
気持ちよかったです!!


また年内にみなさんに
お会いできますように。

↓↓↓ 
0604FUNK CHOCOLATE@Grapefruit Moon

18880074_1504452839605432_652399907

↓↓↓
0606Disco Live @ Kawaguchi Lilia
Img_2396_2
そして、きょうは、
わたしセッションです。

リハーサルもライブ。
この音の絡みって今しかないねんなあ。。。
そんなことも感じながら。
せつなくて、うれしくて、あつくて、
ぐっと、そんな幸せな時間でした。

いつも、写真とか忘れてしまうのです。
この時も、、、すでに次の現場に
向かった上杉君とは撮れず、、、
Fullsizerender
このセッション、5回目。
今日しかきっとしないだろうなあ。
いや、できないだろうな、
というレパートリーもw

このワクワクを
どうぞ、ご一緒に、共有できれば、
うれしいなあ。

19時30分より、高円寺 JIROKICHI
にてお待ちしています

Natsuko_session5_20170611_new_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

祖師谷の時間

いい時間でした。

祖師谷大蔵にあるbar GOKIGENYA。
店主のスギサクさんのギターと
サックスプレイヤーの中村哲さんのライブで
歌わせてもらいました。

夕方、ちょっとだけの音合わせのあとの、
祖師谷探訪味めぐり。
楽しみのひとつです。

さりげなくて、おしつけがましくない。
とってもタイプのお店が、まだまだありそう!!

このライブ。

ギター、サックス、ピアニカ、ウタ。
行きたい場所にいったら
待っててくれる。
待っていたら、
そばに来てくれる。
昨日の音の絡み合いは、
から回ることのなく
自由にいろんな場所や時間に
連れていかれました。

台本のない
予想もできない
感情がこんなふうに
あふれる。

この感じ、
やっぱ。好き。
イントロで、即興で、哲さんの声が伝える
ある本の言葉たち。新鮮だったなあ。
物語のはじまりにふさわしく、グッときました。

ライブ終わった後は、
たのしく、感情豊かな人たちと
笑顔がたくさん。

ありがとうございました。
次回は7月頃の予定です。
スギサクさんのブログです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

昭和な画

朝から土いじり。

もくもくふるいにかける土。

網の上の石ころ、

網の下のほぼ揃った砂つぶ。

いい妄想時間♡



昭和の歌、5.20はおかげさまです。sold out。

ありがとうございます。

次回は6.29横浜サムズアップ。



初恋の歌。
強力ビタミンライヴで、
昭和とあなたと音楽を♪



ゲストに小柴大造さんを

お迎えします。


金魚イラストを見ると手が伸びます。
わたし的に昭和の画を添えました♡

Img_2312


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

Sessionのこと

ここ最近の日常BGMは

目覚めとともに聞こえてくるスピッスピッとなく

シジュウガラの鳴き声。

日々いろんなことに向き合う中で
ほっと、一息。
あー今日もはじまってますね。
今日は6.11のSessionのこと綴ろうと思います。

2014年デビュー20year AnniversaryLiveを
たくさんのみなさんのお力と心をいただき
開催させてもらいました。

そのときそのときはそれなりに
できるなりに一生懸命だったこと。
いろんなことに甘えていたこと。

続けたことで見えたこと。

ひとりだけと、ひとりじゃないなあ。

いろんな感情がむくむく芽生えました。
尊敬すべくミュージシャン。
多くの方々に出会わせてもらいました。

このイベントのあとに、
近藤ナツコSessionという
形でライブを年に2、3回やっています。



年上年下関わらず、ステージに立つ時は
チームな感じ。
わたしは大好きです。
100パーセント出し切ろうと
してくれる瞬間を察知できたとき、
ほんとうに幸せになります!!

音でリズムで会話。
すごいなあ。すきだー。
6.11は高円寺JIROKICHIです!
ギター稲葉政裕さん
ドラムス鎌田清さん
ベース金森佳朗さん
ピアノ赤石香喜くん
サックス上杉雄一くん

今回も、このメンバーなら
これ、みたいな曲をただいま、
ニヤニヤしながら選曲中。

すてきなファンキーな新曲も
お披露目できそうです!!


そして、今回のボーカルゲストは
ダディー直樹 from ゴマアブラ!!


ゴマアブラではベースを弾きながら
ファンキーな歌をドキューンと
歌っています。


はじめて彼の歌を聞いたのは、
Jam For Joyでした。
Charさんの、SMOKEYを
ベースを弾きながら歌った!!!
わたしの瞳は♡になっていたと思います!!


今回はボーカリストとして参加してくれるので、
どうコラボできるか今から
ワクワクです。


ご予約はお店に直接ご連絡いただくか、
わたし宛にメッセージくださいね。


お待ちしていますね!!

Natsuko_session5_20170611_new_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

Jam For Joyー月下美人咲く夜に、Honeyを想い誓うおとなの掟ー

5/2Jam For Joy 南青山マンダラ 
一夜あけてやっと正気にもどってきました。w
お客さま、お店のスタッフ、Jam For Joyスタッフ、
出演者のみなさま、そして、熊さん。
みなさま、おつかれさまでした。
ありがとうございました!!
今回もながくて、濃いイベントでしたね。
30人を超える音楽人が
当日リハでほぼ一回だけで
本番を迎える。
何回出演さえていただいても、同じ組み合わせは
DUO以外ほとんどないわけで、
いつも「はじめて」
音を出すまで、その絡み合いは当日までわからない。
ドキドキ、ワクワク、ハラハラなのです。
今回は邦楽カバー!!
今日は、ソロやコラボで歌わせてもらった
曲について綴りますね。 初挑戦の曲が2曲。 1曲目は 門あさ美さんの「月下美人」 門あさ美さんの曲は大好きで、
当時よく聴いては、涙していました。
報われない恋の主人公に
自分をあてはめて。。。
オトナぶって。w
でもこの曲を歌おうと一度も
思ったことなかったなあ。 もっと、シンプルな編成でできる歌ばかり
カバーしたことはあったけど。 でも、JFJなら、豪勢に、
ホーンセクションも含めた
バンドアレンジで
歌わせてもらえる!! (永松さん、ホーンアレンジありがとうございました!) まさしく、贅沢でした。 歌うにあたって、
言葉を理解しようと情景心情を思い浮かべて。
なんか、せつなくて、 このあと、どうなったんだろう、
彼女は、、、、しあわせになってるといいなあ。
そして、初挑戦2曲目は。。。 ドラマ「カルテット」のテーマ曲、
「おとなの掟」
2017年、はじまってすぐ、
このドラマに、ドハマリ。
第1話でのあるシーン。
「唐揚げにレモンをかける 」という
行為一つにも、それぞれの人生での
選択になぞられ、意味をなしている
あのたとえ。 20年ほど前に居酒屋で、
唐揚げが運ばれてきたときに、
即座に添えてあるレモンを
唐揚げにかけはじめわたし。 即座に!!
キーボードの鈴木憲彦さん(すーさん)
「えーなんでかけるの!!!」 そうです。場所は居酒屋ではなく
家庭での食卓ではありましたが、
同じことが、カルテットでも。
びっくりです。
あたりまえと疑わない常識も、
ある人には常識ではないんだー。
深いし、いまも、これ、
印象的な出来事です。
 
いまでは必ず、
「レモンかけてもいいですか?」
その一言を添えるようになりました。
まあ、そのシーンからどんどん、
他人事とはおもえない
このドラマにはまっていくのでした。
 
そんな思い入れたっぷりの
「おとなの掟」 すーさんから、
今度JFJでれるよ!
おとなの掟やりたいなあ
えー、やれる?
やりたい!!
やろう。 熊さんも、
おおはまりのこのドラマ。
椎名林檎氏ワールド満載曲。
その上、ドラマにリンクしすぎる
情景言葉。表現者として、
個性際立つ
松さん、満島さん、高橋さん、松田さん。 この難関な曲。
バンドとしてやるには、
編成も違うので、
個々のイメージ力
アレンジ力が要になるのですが、、、 ほんとうに、鳥肌もので、
すばらしかったです。 ウッドベース、 大野弘毅くん、 キーボード&
弦カルアレンジまめ妓、
ドラムス、藤井さん、 そして、むずかしいハモを
雰囲気だして、うたってくれた
Nobori Eriちゃん、
そして、すーさん、
ピアノを弾きながらの、
歌!!
その瞬間ぎゅっと
一つになれた感じが
たまりませんでした。 また、いつかできたらいいなあ。 そして、 最後に、一度歌ったことがある曲のこと。 JFJは、二部のはじめに
DUO曲からが多い傾向があるのですが、
今回トップバッターで歌わせてもらったのが、
金子マリさんのバラード「Honey」
シンガーソングライターでもあり、
キーボーディストの辻本真くんとDUO。
何かとご縁がある真くん。
同じ高校出身。
彼の師匠(でいいのかな?)と
バンドをしていたこともあり、
3月には同じ時期にアメリカに
行っていたり(といっても場所は違うけどw) マリさんの「Honey」をきいたのは、
わたしがまだ大学生の頃。
バナナホールだったかな。
この曲をきいて、すごく感動した。
一番前の人へ話しかけたマリさん。
「いくつ?」
「19歳です」
そして、Stevie wonderのSuperstitionを歌い出し、
「わたしは、こんなのきいてたな」と、
さらっと言って、歌い出すマリさん。
すごくかっこよかった。
「Honey」
夢中に恋をしていたあの頃を
振り返り、どうにもならないけど、
月の夜に、おもわずこぼれ落ちてしまう
本音を言葉にしている。
19歳の真くんとのDUO。
言葉が情景が浮かんでくる音選び。
物語を一緒に語ってるようでした。 いい時間でした。 さて、JFJのもうひとつの楽しみは、
客席で他のみなさんのライブを
生で感じれること。
いろんな発見があったり、
刺激をたくさんもらえます。 真剣に遊ぶ!真剣に挑戦する!
忘れてはいけないことを
思い出させてくれるいい夜になりました。 あらためて
みなさま、おつかれさまでした。
ありがとうございました!! 次回は洋楽カバー、9月になりそうです。
また挑戦曲、さがさないとですね。 集合写真!!!
18198591_1538960816135320_4822046_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 音楽