« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月26日 (火)

ウタトドラマーはじまりはアンソロジーと向日葵と

梅雨の晴れ間はご褒美。
いろんなことがめまぐるしい日々。

生きてるって実感。
やっぱ、この一言、
ありがとうございます。です。

しあわせの居場所。
やっぱり、 音に囲まれて、
言葉をうたって、ここだなあと
感じてます。
一緒に、いてくれて、
あいにきてくれて、
ここでも、
やっぱ、この一言、
ありがとうございます。です。

さて、この日曜日におとずれる
はじめての試み
「ウタトドラマ」のことを綴ります。


「いまさらやけど、なんで、ラジオでDJやったり、女優やろうとしたん?」
「はじまりは、さだまさしさんのアンソロジーっていうアルバム。
アルバムの曲を流しながらのラジオドラマに感動してん。
なんども聞いてん、テープで 」
そう、
わたしも、 さだまさしさんーアンソロジー、好きやし、
主人公、つゆのあとさき、
今も、そのウタをくちずさむ時、
あの古い校舎や風の匂いがこみあげるし。

同じ高校に通った、福井玲子。
同じ時期に、一緒にいたのに、
この話をしたのは、たったのついこの前。
それも、ふたりとも、軟式テニス部。
まさか、こっちの方面で
今もつながるとは。。。

そこから、ウタトドラマがはじまった。

PM/飛ぶ教室で玲子と共に看板はってる
山藤貴子。たかちゃんとも、もう本当に長い。
一方的に客席から見たり、同級生ならではの、
女子トークwはあれど、一緒にステージに立つのは
はじめて。

ウタとドラマ。
そう、脚本。
はじまりの大きなきっかけと原案をくれたのは、
近藤恵太。
昔から、発想がユニーク。
ここなくしては、今回のテーマへたどり着かなかった。

そして、片岡百萬両氏の脚本。
ヤラレました。
はじめて読んだ時、
れーことたかこの声になって感情が吹きかかった時、
そのながれで、ウタを溶かした時、
ただただ、ヤラレます。
ヤラレ つづけてます。

玲子がすぐに仕上げてくれた脚本は、
「向日葵」でした。

この曲の誕生は、
わたしのデビュー20周年のアニバーサリーに
たかはしごう氏が書き下ろしてくれました。

歌えば歌うほど、わたしの中だけでなく、
このウタがそれぞれみなさんの中で、
いろんな風景が描かれているようで、
本当に感動しています。

玲子もその中の一人だったんだと思います。
彼女が描きたい「向日葵」の風景。


ウタチーム。
彼女なくしては、成り立ちません。
と昨日のリハでつくづく。
シンガーソングライター
千宝美。
今回は、ほぼ、ピアニストとして。
彼女がそこにいるだけで、
つくりだされるひだまり感。
やわらかく。

本番まで、あと少し、
でもまだまだ、まだある。
このはじめての緊張感、
きらいじゃなく、
むしろ、ときめきしかない。

キオクのなかにある
せつなく、なつかしく よ、
こんにちは。

ウタトドラマのはじめてを、
是非、一緒につくってください。
7/1、高円寺JIROKICHIで
お待ちしています!!!

ウタトドラマPRPVはこちら
↓↓↓
35432968_1706002219447823_129574838
Utatodrama2018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »