« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

兄弟姉妹たちの宴

おはようございます!
やっと気持ちのいい朝日に出会えて、うれしいなあ。

先だ先だと思っていた
Brothers&Sistersの宴が終わりました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。夏のイベントは盛りだくさん、一緒に過ごしていただけで嬉しい限りです。

Image1

エスさんの歌声の渋いこと。
洋楽がかっこいいのは知っているのですが、郷愁あふれる「赤とんぼ」となんといっても「人生の扉」。お越しいただいた方から、「この曲はgospelですね。」と。本当に、心に突き刺さり、揺さぶられました。
そして、長年の願い事「Let it be me」やっと合体できてうれしかったです。

ももさんのギターの音色。どんな秘密があるんだろう。なつかしいあの場所へ、たくさん連れていってもらえます。そして、歌。のびやかな、優しい声が透き通ってました。生活の柄、響きました。「銀座の恋の物語」低音も、渋い。

そして、還暦、おめでとうございます。遅ればせながら、お祝いできてよかったです。

Image2_2

そして、そして、千宝美。
1番末っ子は、大変です。
長男次男に長女は自由奔放ですからw
スーと心に溶け込む声と、完璧なリズムキープで、しっかり支えてくれてありがとう!何を歌っても、千宝美ワールド。人を柔らかな気持ちにさせる天才です。ももさんとの銀恋、新しいわ。あの路線ありやね。

そして、わたしに書き下ろしてくれた、「You are so beautiful」
身体の中から、押し出される声と、ピアノの息遣いとの絡みに、心震えました。千宝美とのDUOは、9月9日自由ヶ丘ハイフンです。

待ちわびてた、夏休みの親戚との宴が、終わってしまって、寂しいけど、また、次回を楽しみに^_^

そして、まだまだ夏の音楽の旅ははじまったばかりです。

8/2水曜日は今の地元ですが、
歌わせていただくのははじめて。
三鷹バイユーゲイト。
この名前を聞くだけで、心の中の
アメリカ南部好きな部分が
ぐにょぐにょ、うはうは動きますw

吉祥寺の音楽と飲みのお友達、持田浩嗣くん。
はじめて出会ったのは、New Orleansのヒロナリ。
石垣島で少しだけお話しさせてもらった寺岡さん。

Bad Loserz -1のゲストで歌わせてもらいます。
知ってたけど、初挑戦のsoul numberを、
お届けします。わくわく。


2017年08月02日(水) 《Bad Loserz -1》
@東京 三鷹バイユーゲイト 
武蔵野市中町1-17-2 アビエス1F
http://bayougate.voxx.jp
開場:19:00  開演:20:00
出演:
持田浩嗣(Vocal/Acoustic guitar)
イシカワヒロナリ(Guitar/Chorus)
寺岡信芳(Bass/Chorus)  
Guest 近藤ナツコ(Vocal)
料金:2,000円(ドリンク別)
ご予約・問い合わせ:0422-55-5782

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

『向日葵』配信スタート

向日葵の咲く、大好きな夏に・・・・・・

大切な『向日葵』の
配信がはじまりました。
わたしのデビュー20年を記念して開催されたライブ
「20Years」に、たかはしごうさんが書き下ろしてくれた
『向日葵』

今では、私が歌うライブ会場でしか、販売していなかったので、
もっとたくさんの方々に聞いてもらえるようになると思うと、
嬉しいです!!

大切な誰か想う。
まっすぐに、ひたむきに・・・
あなたの夏の1ページに、この曲を
どうぞエントリーしてください。

そして、あいにくの空模様の東京ですが、
本日高田馬場音楽室DXで歌います。
「Brothers & Sisters」
わたしが学生時代にとりこになったバンドの一つ
「ザ・キャバレー」のボーカル エス(惠須川ヒロシ)さん。
しぶい声は、健在で、ますますブルースです。
「ももかん」でおなじみの丸山ももたろうさんは、
松山千春さんのステージには欠かせない
すばらしい音色のアコギを弾かれます。
心うたれます、いつも。
そして、後期の「ザ・まめなっつ」のコーラスが初舞台、
その後、シンガーソングライターとしてデビューした
千宝美。そして、わたし。
4人は初顔合わせ。洋楽邦楽、すばらしい選曲になっています。
是非、この「はじめて」を一緒にすごしてください。
お待ちしています。
20170730_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

ナツガキター

おはようございます。

愛おしくてやまない季節の到来。
ことしも惜しむことなく、
太陽に操られて夏と過ごそうと思います。
時間をうまく使って、
スペシャルな One Sceneを
やきつけます、この夏も!!

ずいぶん、ずいぶん、
ご無沙汰してしまったDiary。
6.11ぶり・・・綴ります。

元気で歌ってます。
笑ってます。
出会ってます。

朝日と一緒に目覚めれば
プランターへの水やりと、
自分への水やり。
早めに眠れる時は、3時ぐらいに起きたり。
生き生きやってます。
そんな中、
ご先祖様に会いに、岐阜へ。
山間の風景や、水の音、
鳥の鳴き声、そして、家族との時間。
風景の中には、あの頃のわたし。
戻れる場所に行けば、
今の自分のことが一番よくわかるみたい。
帰路の途中、お気に入りの清里、野辺山に立ち寄り。
高原で、ウグイス、カッコーの鳴き声と、
夜は、街の明かりのない場所で
ほぼ満ちている月の光に
心も体も柔らかく。
Img_0793_2
Img_0817_2   
例年、梅雨時期には、
いつも気管支がご機嫌斜め。
それも、自然の中にいくと、
不思議とおさまり、楽だったなあ。


そして、そして、この間も、
いろいろな音楽を通じての出来事。
ライブに足を運んでくださった
みなさま、ありがとうございます。


6.11のわたしセッション。
しあわせでした。
歌い切りました。
本番。
言葉ではなく通じ合える感覚。
ぐっと体に心にくれば、
一瞬にして、その瞬間に
恋に落ちます。
しあわせすぎて、2日ほど、
心が真空状態でした。
次回が待ち遠しい。
611
Double Voiceのライブもたくさんありました。
昭和歌謡という楽曲の力のすごさを毎回感じます。
みなさまの潜在意識のどこかに隠れている
素直な要に影響を及ぼしたあの頃の楽曲。
学ぶことだらけですね。
最近は、バンド形式だけでなく、
ずばりDouble Voice、
二人の声だけでお届けする機会も増えています。
Fullsizerender_2
↑↑↑@大塚Shisui dex
店主でもあるTOKYO ROUGE・田中浩子さんと!!
Img_2472
↑↑↑ @サムズアップ 
ゲストの小柴大造さんと下神竜哉くんと!!
Fullsizerender1
@アルスあざみ野夏まつり
大好きな夏の過ごし方を体感!!
ことし初のマローネのお話や、
映画約束の地、メンフィスのお話などなど
またあらためて。

そして、今日は、
祖師谷大蔵です。
この時期のこの街。
楽しみすぎます。
フラッとお立ち寄りください。
夏の祖師ヶ谷大蔵
ゴキゲンヤでお待ちしています。

《DUOースギサク&中村哲ーwith 近藤ナツコ》

  • 日時:2017年07月21日(金) 開演:20:00頃
  • 会場:東京 祖師谷大蔵 GOKIGENYA 世田谷区祖師ヶ谷4の23の20
  • 出演:スギサク(Guitar) 中村哲(Saxophone) Guest 近藤ナツコ(Vocal)
  • 料金:Music Charge Free(投げ銭スタイル)
  • 問い合わせ:03-3352-7751
  • ギターとサックスとうたでセッション。
  • 回を増すごとに自由さがどんどん心地いいのです。ご気軽にお寄りくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »