« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

横浜うまいもん祭り

随分ご無沙汰してしまいました。
3月、NYに行って歌ってきました!

そのブログニューヨーク冬物語を綴っていますが、
その前に、こちらを記させてください。
もしお時間あれば、ふらっといかがですか?
お待ちしています。

4/2日曜日の昼下がり、横浜高島屋へ
Double Voice、昭和の歌をお届けに参ります。
ニッポン放送のパーソナリティやアナウンサーの方々が選んだ味が
集結する《うまいもん祭り》にて
12:00〜13:30 ハワイアン&昭和歌謡ステージです。

ハワイアンはカラカウナさんの演奏
そのあとに、わたしたちが歌います。
*ちなみに、杉原徹-TE’TSU-さんは、どちらも
歌われますw

短い時間ですが、予報では、寒そうな日曜の昼下がり、
屋内で、常夏&歌謡。
こころあたたまりにいらしてくださいね。

高島屋8階です

お待ちしています。

http://www.1242.com/radio/takashimaya-2017/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

想ーPart2ー やわらかく、あわいきいろがやさしくて

少し時間が経ちましたが、
続きをかきますね。


近藤ナツコSessionの翌日は、
千宝美solo live「Letter」へ。
前日の興奮を連れて。
とてもやわらかく、やさしい時間でした。

会場であるSeed Ship
千宝美から聞いていたとおり、
居心地のいい、気持ちを素直にさせてくれる
居場所でした。

そして、扉をあけると、
千宝美のやわらかい歌声にピアノと
ももさん(丸山ももたろう)と
倉井夏樹くんの音色が会話してる。
繊細だけど、力強くて、
だけど、どこをとっても
やさしさにあふれてる。

ライブがはじまると、
歌だけではなくて、
おはなし一つ一つにも
こころがうるうる。
めがしらもうるうる。

ひさしぶりに再会できた人、
はじめてお会いしたのに、とてもつながっていた人、
そして、近くから、遠くから、千宝美を見守っている人、
たくさんの愛がありました。


会場のみなさんの笑顔をみて、
歌っていて、しあわせな気持ちでいっぱいに
なりました。


これからも、こころのままに。
手紙を書くように、言葉を紡いで、
メロディーにのせてね。
次のLetterを楽しみにしてるよー。

Fullsizerender
Fullsizerender1
さて、
千宝美とのライブですが、
いつものDUOとは少し違います。
いえ、だいぶ、、、w
濃厚な Specialなお二方とご一緒します。

詳細は決まりしだいお伝えしますが、
よく似ていると言われている
私たちと、ももさんとよく似ていると言われている?
シンガー惠須川ヒロシさんと4人ライブです。


7月30日日曜日
大好きな夏の真ん中。
ぜひスケジュールの候補に入れてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

想ーPart 1ー 陽だまりの色ー赤くて、熱くて、濃い黄色

おはようございます。
昨日綴りかけてうまくまとまらずなので、
得意な朝方へシフトをかえて。
まだ、言葉にうまくできないかもです。
それでも、先週のこと綴ってみます。



ほんとうに楽しみにしてお越しくださったみなさま、
ありがとうございました。
遠方から駆けつけてくださった方も多く
驚きました。
いつも変わらずライブに足を運んでくださる方、
そして、久しぶりにあたたかい気持ちできてくださった方。
そして、こころのこもったお便りも。ありがとうございます。
涙涙です。(返信おまちくださいね。もうしばらく。)
近藤ナツコSessionvol.4
featuring KENGO
ひさしぶりの KENGOと寄り添い歌う
熱の花はどんな花でしたか?

どんな花だったんだろう。
どんな色だったんだろう。
わたしには、 この花に降り注ぐ
陽だまりの色が、
赤くて、熱くて、たまにやわらかい濃い黄色でした。


11年も経ってるのかあ、
正直、ライブをするにあたって、
思いかえし数えるまで、
考えることもしなかった年月。
遠いような、近いような。

去年の9月、石井完治さんとのDUOでの
関西ライブに来てくれたKENGO。
これまでと違う表情、
KENGOの声で、
「歌う」がやっと、聞けたあの時のこと、
忘れないなあ。
最近は、誘い続けるも、そういっても
「もう無理なのかな。」って思ってたから。


MCでも少し触れたかな。
それぞれの年月。
人の数だけその人だけの年月。
みんな、自分が選んだ一歩一歩。
わたしもおんなじです。


いろんな気持ちの毎日のなかで、
大切な人に出会い、
そして、大切な人の旅立ちを、見送り、
こころもたくさんそのたびに
揺れて揺れて。
その中で、「待つ」ということの
概念も大きくかわってきたかな。



同じ場所で待っていられない、もう。
わたしが進む場所をさがしてきてほしい。
同じ繰り返しにならないように。
変わらないものをまもるために。


KENGOが会いに来てくれて、
うれしかった。ほんとうに。
そして同じステージで
また歌ってる。


「うちら、どうやって歌ってたっけ?
わたし、どっち側やっけ?」
「見つめあって歌ってたっけ?
どこ見て歌ってた?」
みたいなたわいもない会話。

そうそうこんな感じだったなあ。
噛み合わなさ、言われるまで
思い出せなかったけど。
ステージたっちゃえば、ほんとすぐに
違和感なく、すーっと立ち位置にいき
そこの空気に自然にすぐになじんだ。

ステージからみるみなさん。
CDにも入っていないライブでしかやっていない
曲を口ずさんでくれている人もたくさん。
そして、涙もたくさん。
わたしらの分まで、ありがとう。ほんとに。


わたしは20周年ライブを機にあたらしく
近藤ナツコ sessionという名前での
ライブをはじめました。
今回もその中のひとつ。


今回も、
すばらしい音でリズムで
session叶いました。
ほんとうに時間をつくって
一緒に音を出していただき、
ありがとう。こころから。

石井完治-Guitar-
熱の花ではバンマス、今回もリズムギターのカッティングの鋭さ。
すごかったなあ。
P2250236

赤石香喜-Keyboard-
オルガンの音もあの頃にない
スパイスをありがとう。
いい曲作ってくれる。
名曲、孤独の太陽、Sunny Side Sweeties
忙しいのは知ってるけど、
作ってね、次も名曲!!
P2250703

上杉雄一-Saxophone-
音の選び方、つやつやな音色が
楽曲を外の世界に連れて行ってくれます。
P2250419
そして、そして、
中でも、前々から引き合わせたかった二人。
リズム合わせを想像しただけで、
ドキドキしていました。

高田真-Drums-
BJ笹井克彦-Bass-
感はあたっていた。。。
すばらしい絡み愛
リズム隊。

このふたりのファーストステージで
歌えて、最高にハッピーでした。

こういう奇跡に居合わせるなんて、
たまりません。
次の奇跡もたのしみだなあ。
P2250615_2
P2250521
KENGOとは、これを機に、
今のふたりペースで、
歌っていきます。
P2250125_2

次回は関西考えています。
年内に東京も、もう一回
できたらいいなあ。

今回お越しいただけなかった方も
どうぞ次回ぜひ。お待ちしていますね。
Photo by Teruko Nojima
(Thank you Terukosan!!)

そして・・・・・
たのしそーすぎるわたし。
吹き出しつけるなら
「あ〜さいこー!!!!!」かな。

16939147_1273666029383880_207912075
(Thank you Sunashan!!)

次回の近藤ナツコSessionは
6/11日曜日です。

こちらも、ぜひ、お待ちしています!

★2017年06月11日 日曜日

《近藤ナツコSession Vol.5》
@東京・高円寺 JIROKICHI 杉並区高円寺北2-3-4 高円寺ビルB1
http://jirokichi.net

出演:
近藤ナツコ(Vocal) 
稲葉政裕(Guitar) 
鎌田清(Drums) 
金森佳朗(Bass) 
赤石香喜(Keyboard) 
上杉雄一(Saxophone)

開場:18:30
開演:19:30
料金: 予約¥3,000 当日¥3,500(ドリンク別) 
予約・問い合わせ  tel 03-3339-2727

Natsuko_session5_20170611_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »