« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月30日 (日)

やっぱり晴れ女!

先日の分析結果・・・
28日、横浜でのライブ・昼間雨ライブ時晴れ!
29日、高円寺でのライブ・午後から
雲行き怪しく雨・・・しかし!
ライブスタート時雨上がる!
やっぱり、私は「晴れ女」と思う。
ライブに来てくれるMちゃんは、
強烈な雨女らしい。
すこしだけ、私の晴れ女パワーが
上まっているんだなあ・・・・・
ということになった。

昨日は、赤石くんと二人で「楽や」でライブ。
新曲もできたてホヤホヤ披露。
ヒヤヒヤものだったけど、歌えたから
うれしい。オリジナルが増えてくると
やっぱり、録音してカタチにしたい。
ますますそんな気持ちが高まった。
ライブ後、「ライブ終わって、家でも
また聞きたい」と言ってくれた
Cちゃんの言葉は今の私には
とてもタイムリーだった。
今年は「熱の花」のCD完成まで
こぎつけた。
来年は「近藤ナツコ」で
ちゃんと一つのカタチを
残そうと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

雨女?晴れ女?

「雨女」って、何かイベント事がある時に
雨が降る人の事を言うのだとすると
私は、最近「雨女」かもしれない。
そう薄々思っていた。今年に入って。
イベント事といっても
アウトドアのイベント事は大丈夫、
いつもほぼ晴天!
ライブの時に限って雨降が続いている。
昨日は、新宿でDouble-Voiceの
ライブだった。
家を出たときに雨が降り始めた。
でもライブが、はじまると雨は止んだ。
そう言えば、夏の香川の野外のライブも
大雨でイベント自体中止になっても
おかしくない勢いの雨だった。
でも歌い出すと雨は止んだ。
私はどっちなのかな?
「雨女」?「晴れ女」?
明日、あさってもライブがある。
分析してみよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

初体験

ご無沙汰してしまい、反省モード。
全く規則正しくない一週間だった。。。
ほぼ創作活動に費やしていた。
気分転換はとても重要!
人間集中できる時間って絶対決まっている。
そう言うときは、散歩する。外に出る。
ライブに行く。飲みにいく。映画に行く。
友達に会う…
いろいろ手段はあるけれど、
今回、新しくアイテムに加わった事、
ずっとずっと行ってみたかった「マンガ喫茶」
初デビュー!快適だった!静かだった。
そして・・・そして・・・
当たり前だけど、大好きなマンガがいっぱい!
はまるなあ。。これは。。

やっと創作活動も一区切りついた。
ひと月お休みしていたライブも
明日からはじまる。
モードをきりかえるため、
今日は何をしようかな。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

森の中の沖縄

吉祥寺に戻ってきた。
天気は予想通り秋雨が続いている。
昨日、夕方井の頭公園を散歩した。
雨のせいかな。いつもの日曜日のように、
人があふれていなかった。
森林をとおり抜けていくと、
遠くで三線の音色が響いてた。
「島唄」だった。
沖縄出身の人なのかな・・・・
気持ちがとても暖かくなった。
いいメロディだなって、
あらためて、思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

ルーフテラス

今、実家にいます。お気に入りはルーフテラス。

7階なので見晴らしがよく、山がすぐそばに眺められる。

今日は朝日を見た。

東の空からゆっくりと顔を見せてくれた。

東京で流れているJR東海の「善峯寺」を見て、CMどおり

「京都へ行ってみよう」と思った。

紅葉には少し早かったけど、

期待以上にすばらしかった。JR東海に感謝。

本堂から諸堂を巡るのに、どんどん山を登っていく。

そこから眺める、京都と、大阪の町並みが絶景だった。

京都の大学に通っていたのに、

やっぱり、知らないことだらけ。

歴史の深さに改めて、もっと勉強したいと思った。

家の近所でもあり、お気に入りの

「大山崎山荘美術館」に行った。

こじんまりしていて、本当に静か。大好きな場所。

モネ展は、前回の作品と少し変わっていた。

やっぱり、絵とか、陶器とか見てると、

意味もなく心が落ち着く。

二階にあるテラスではビールも飲める。

いい感じ。これまた風景はすばらしい!

本当においしい空気と風景を見て満喫。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

サマータイムマシーン・ブルース

「シンデレラマン」に引き続き、

本広監督の「サマータイムマシーン・ブルース」を見た。

楽しかったなあ。大学生のSF研究会のメンバーが主人公。

会話のやり取りや、間の具合、そして、シーンのカットの

タイミングなど、本当に飽きさせなかった。

なんか、微笑ましく、ノスタルジックな情感が溢れた。

日常生活にあり得ないけど、あり得てしまいそうで

うれしくなった。

これもまた是非!お勧め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

シンデレラマン

映画「シンデレラマン」を見に行った。
井筒監督が絶賛していたのにも、興味をそそられた。
ボクシングの格闘シーンは、やっぱり、
目をそらすことが多かったけど、
長い上演時間にもかかわらず、
息つく間もなく、手に汗握る場面もあり、
あっという間に時間が過ぎていった。
よかった。。実話だから余計感銘できた。
主人公ジミーの奥様のひたむきで、キュートで、
それでいて、いざという時に決断力があって、強い!
すごく魅力的だったなあ。守るべきもののなら
捨て身になって、何にでも挑戦していくジミー。
素敵だった。
色々難しい事を考えてしまいがちはこのご時世。
すごくシンプルなこと、大切なモノを
この映画からもらえた気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月 3日 (月)

土曜日から今年4回目の茨城の海に行ってきた。
前回は満月だったから、月に魅せられた。
今回は、満天の星空に魅せられた。
10月に入ったというのに、とても暑くて、
うれしかった。大好きな音をみんなで持ち寄り
曲間は、波の音でつなぐ。
心がまたまたふにゃふにゃになる。
みんな普段は忙しく働いている人たちばかり。
ここでしか会わない人もいる。
いろんな職種や、年齢層の人と話していると、
普段気付かないことを教えてもらえる。
サーファー達が波を見つめている後ろ姿は
とても勇敢だと感じた。好きな物に真剣
な姿はやはり、かっこいい!
満天の星空を満喫した後は、
今回も朝焼けを待つ。
紫色から茜色に染まりはじめる空。
大きな太陽が今日のはじまりを告げてくれた。
海辺を散歩して貝殻を拾って、本を読んで
波の音を聞いて…時間の流れはどうして
こんなにゆったりしているんだろう。
そんな事を感じながら夕方の約束に
間に合うように出発したところ、
レインボーブリッジは渋滞。
ちょっとうんざり。
でも元気は蓄積されたから、
しばらくは大丈夫。
KC3200111

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »