2023年12月 3日 (日)

TOKYO COCO de NITE Vol.01

空を見上げると冬の空。星の瞬きがきれい。

そして、冬の匂い。

こんな寒い夜でも、まだ興奮冷めやらぬ熱と共に

過ごしています。

12月1日 TOKYO COCO de NITE vol.01

@JIROKICHI たくさんの皆様にお越しいただき

感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

拍手、声援、むっちゃ嬉しかったです。

笑顔いっぱい。あったかかったです。

本当に、まだ夢だったのでは?と思うくらい

愛おしい時間になりました。

この企画は、点と点がつながり奇跡となりました。

メンバーのみなさま

それぞれいろんな現場で音を合わせられたこともあれば、

当日はじめましての方も。

そうです、はじめて音を出す瞬間。

緊張です。

どんなことになるんだろう。って。

 

そして、、、この緊張は、

一瞬で喜びに変わりました。

この一言に尽きるかも。

何度もググッとピタッとはまる

絡み合いと間の連鎖。

 

私としては、デビュー30周年記念すべき第一弾ライブ!

とても意味があり、はじまりを感じました。

 

私は5歳上の兄の影響で自然と音楽が周りにありました。

初めてのライブハウス体験は兄がギターを務めるバンドです。

すごいなあ。こんなに近くで演奏を聴ける場所があるんだ。

大学生になりたての頃です。

兄は、ライブを見にいくならと勧めてくれたバンドの中に

「ザ・キャバレー」の名前がありました。

一発でハマりました。通いました。

ボーカルは今回ご一緒した恵須川ヒロシさんです。

 

小さなレコーダーを持ってなかったから

横長のラジカセを持って電車にもバスにも乗って

ライブハウスへ。ある日、一番前の席でした。

今なら考えられないですよね、ましてや日本です。

一番前で堂々と録音する光景。

ライブも佳境、盛り上がってきた頃、

なんと、そのラジカセを手に取りあげると

マイクを外して直接、歌ってくれました。

ロックコンサートとかで

キャーの声と共に、失神するファン!!

気持ちはそんな感じです!

 

ライブハウスに通うようになって

「いつか、あっち側の人になりたいなあ」と

ステージの下から見ていたことを思い出します。

 

そこからずーっとブランクがありましたが、

東京でお会いすることができました。

出逢いが喜びを繋げてくれると実感します。

 

兄から繋いでもらったライブハウスとの出逢い。

あの時からはじまっていたんだなあと

エスさんの隣で歌いながら

感慨深く、いろんな想いがあふれました。

 

ギターのスギサクさんと出会ったのが先ですね。

その時に、たまたまエスさんの話になったのが

きっかけです。

 

それから、スギサクさんのセッションに

何度も呼んでいただけて

たくさん、勉強させてもらいました。

ありがとうございます。

 

そのセッションで

ベースの岡澤章さんと、ご一緒させていただいたこともあります。

私のアルバムでも弾いていただきました。

今回久しぶりご一緒させていただきました。

 

この企画のキーパーソンは

キーボードの土井淳さんです。

 

あっちゃんとは、本当に長いお付き合いさせてもらっています。

6月に大阪でエスさん、スギサクさんとセッションライブをした時のこと、

あっちゃんが、「12月くらいにライブでそっちいくから

東京でライブやろう。」って言い出してくれました。

 

そこからです。

岡澤さん、ドラムのカースケさんに、お声がけいただき

今回のライブが現実となりました。

 

今回は、それこそ、兄の影響で聞き出した洋楽ばかりがレパートリー

Joe Cocker,Stevie Wonder, Donny Hathaway,Etta James,など。

 

最高のリズムと音の中で

自由に歌わせていただきました。

 

JIROKICHIスタッフの皆様、

暖かく、大きな気持ちで迎えていただき

ありがとうございます。

 

来年、VOl.2絶対やります。

ご来場お待ちしています。



#tokyococodenite 

#恵須川ヒロシ #スギサク

#岡澤章 #河村カースケ智康 #土井淳

#近藤ナツコ

 





Img_5201-2371533101_756395736306870_75828175311510  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2023年11月21日 (火)

記念日

随分、ご無沙汰してしまいました。

このブログの名前はDiary-on and off-です。

はじめた頃に、きっと毎日は無理、

時々書きたい時に綴ろうと思いました。

 

え、時々、、、?

そうですよね。

2022年2月6日が前回とは。。。

我ながら、トホホです。

 

ロングバケーション!!

 

 

って感じでもないですね。

 

また、はじめてみます。

初心に戻って

時々書きたい時に。

 

本日、デビュー30周年を迎えました。

たくさんの方々に応援していただき

今があります。

 

関わってくださった大切な人たち。

応援してくださっている大切な人たち。

こちらにいる方々も、

お空から見守ってくださっている方も、

心の底から、ありがとうございます。

これからもどうぞ、導いてください。

 

近藤ナツコ

 

M54731772004_1_20231121204401

 

 

 

| | コメント (0)

2022年2月 6日 (日)

メブキゾメ ウタイゾメ

立春も過ぎ
春らしさを探すことが日常に
なってくるんだろうなあ。
今朝は、近くの池の水面は凍ってたけど、
戻る頃には、暖かな黄色の陽射しが
溶かしはじめて
冬鳥が元気に泳いでました。
そして、よく見ると
木々も芽吹き初めてますね。

まだまだ
いろんな気持ちを抱きながら
いろんな気持ちが芽生えながらの
毎日を過ごす中

例年よりもぐっと遅めの歌い初めでした。

Img_6564
歌う。
そこにいると 
やっぱり柔らかい気持ちになります。


2/3 DUO 近藤ナツコ+赤石香喜
Good times Zutto times vol.2
-TOKYO-
@自由が丘hyphen
ご覧いただいたみなさま
ありがとうございました。

そして、スタッフのみなさま
気持ちいい空間をつくっていただき
ありがとうございました。

Img_6561
赤石くんとのDUO
しっかり今の気持ちを描きながら
歌いたい曲をお届けしました。

オリジナルはもちろん、
恒例になりつつある
メドレー。

近藤ナツコセルフィッシュメドレー。

今回もお届けしました。

夏好きな私。
なかなかじっくり考えました。

クリスマス以降の冬うたメドレー。
締めくくりは、やはり、自分曲
バレンタイン・イヴ

この曲はメドレースタート曲
MISIAさんの「Everything」と同じ
松本俊明さんの曲なので、
その辺りも、

赤石くん、繋げてくれて
ありがとう。

山下久美子さんの大好きなアルバムの中からは
「サイレント・ナイト」ふと、
今でも口ずさんでいます。


風のファーストアルバムからは
イルカさんバージョンでもおなじみの
「あいつ」雪解け。。春の前触れ。

メドレーを聴いての
コメントもたくさんいただき、
嬉しかったです。



そしてドラマが好きな私は
いつも歌いたくなる曲があります。

今は、カムカムエブリバディの
AIさんの歌う「アルデバラン」だけど、
毎日、一緒に歌っては泣いてしまうので
無理だなあと思い、
「On the sunny side of the street」を。
大好きです。

そして、今回は、
虹色カルテの
藤井風さんの「旅路」
去年聴いていた時とは
全く違う感覚で今を
歌詞の意味を捉えています。
不思議だなあ。
思い描く、色も形も貴方も違う。

お届けした曲は、
こちらです。

list

01 DUET 
02 君の瞳に
03 Search light
04 On the sunny side of the street
05 旅路
06 プラスティックラブ
07 Medley Of Winter (after Christmas)
   Everything→ハートのイヤリング→
 雪の華→あいつ→サイレント・ナイト→
 素顔で踊らせて→ノーサイド→
 バレンタイン・イヴ
08 BLANK
09 向日葵

 

Img_6574

赤石くん、ナツコTシャツ着てくれてた
懐かしい。こんな時代もあった!!

19cf149ed67f4d6580e87605cfcc7431

さて、延期になった
- OSAKA -は

3/9水 @難波S.O.Ra.

そして、そして!!
追加公演
-NAGOYA-も決まりました!!

3/10 木 @名古屋barong`s grill and L.D.K# ばろん

そして、そして!!
Room No. 725 vol.3
@吉祥寺・Planet・K

やっと決まりました!!

4/9 土!!

今回も、
北川涼さん
赤石くん、

ダンサー Lisaも
出演決定!!

熱くて、
皆さんの熱を感じることができる
時間をイメージしてます!!


まだまだ寒い日も続き、
いろいろなニュースに不安もありますが、
気をつけながら前向いて
上向いていきましょうね。

| | コメント (0)

«想 2021